キンクマ主夫多忙の為、反応遅れます。ご用のある方はお問い合わせからお願いします。(9/22)

【レシピ】誰でも簡単に真似できる!板前のやみつききゅうり

筋クマ
白米にもお酒にも合う最高の一品だヨ。

 

ご飯が止まらなくなる「やみつききゅうり」

 

今回は、最高に美味しい「やみつききゅうり」を作ってみようと思います!

やみつききゅうりと言えば、居酒屋やスーパーの総菜コーナーなんかでも見かけますよね。
味付けはそれぞれ異なりますが、大体は醤油ベースの漬けダレが基本となっている気がします。
それに唐辛子やごま油、にんにく、すりごまなどをお好みでタレに加えれば、レシピは無限にアレンジ可能!

また、きゅうりをタレに漬ける時間なんかもレシピごとに違い、10分、30分、もしくは軽く揉むだけなど様々……。
そんな中、今回の僕のレシピでは、なんと1日以上タレに漬け込みます。
確かにやみつききゅうりは、美味しくて、パパッと作れるお手軽メニューだからこそ、ここまで大人気になったのかもしれません。
ですが、僕は自分が作る料理のオイシーに妥協は許しません!

一度このレシピで作ったら、他のやみつききゅうりには戻れなくなります。
それでは前置きはこれぐらいにして、作り方を確認していきましょう!

 

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

 

まずは、きゅうりの下処理からです。
以前も言いましたが、きゅうりって食中毒の原因になりやすい野菜です。

その理由の一つが、表面のイボイボにあります。
このイボには雑菌が多いので、しっかりと除去しておきましょう。

 

筋クマ
冷やしきゅうりで食中毒がよく起きているヨ。
あわせて読む

筋クマ 今回のお料理講座は、食中毒についてのお話だヨ。 これは料理を作る上では必ず知っておいてほしいことなんダ。 筋クマの奥さん ちょっと前、牡蠣食べてノロウイルスになったもん。 […]

 

 

「板ずり」します。
塩を適当にばら撒き、まな板の上できゅうりをゴロゴロしましょう!

 

板ずりの効果

・表面のイボが取れる。
・きゅうりの色合いがよくなる。
・味が染み込みやすくなる。
・アクが抜ける。

 

筋クマ
板ずりはオクラやフキの下処理でも用いる技術だヨ。

\しょっぱい!/

 

 

板ずりが終わったら、一度表面を流水で洗い流し、綺麗に水気を拭き取ってください。
1枚目の写真と比べたらわかると思いますが、明らかに表面が滑らかになっていて、緑味が増していますよね?

あと写真では、すでに頭の部分の皮はくるりと剥きました。
頭の部分は皮が厚く、エグ味が強いので通常除きます。

 

 

適当な大きさに切ったら、「塩揉み」します。
塩でもみもみしてラップをかぶせ、20~30分冷蔵庫の中に入れておきましょう。
その後、流水で洗い、しっかり水気を切っておきます。

ちなみに塩揉みの効果は、板ずりと重複する部分がかなりありますが、今回の場合で言うと一番の目的は脱水です。
これをするだけで、味の入り方があり得ないほど変わります。
また、脱水をすれば傷みにくくもなるので、日持ちしやすくもなりますよ。

え?
塩の量?

僕はいつも目分量ですが、きゅうり1本で小さじ1/3ぐらいのイメージでやっています。

 

筋クマ
塩揉みは超大事な工程だからネ。

 

 

漬けダレを作る

 

今回、漬けダレには生姜の千切りも加えます!

 

 

濃口醤油、みりん、酢、砂糖、生姜、赤唐辛子!
詳しい分量は【コチラ

 

 

一度沸騰させます。

 

 

火を止め、きゅうりとごま油を加えます。
ごま油は加熱し過ぎると風味が飛ぶのでこの段階で加えました。

そして、これまた以前お話したことですが、味を染み込ませたい時は温度差が重要になります。
熱いタレに常温のきゅうりを入れることで、一気に味が染み込むのです。

あわせて読む

筋クマ 僕はオールシーズン食欲MAXだヨ   暑い日に食べる南蛮漬けはサイコー   暑すぎて溶けそうな日にお勧めの「南蛮漬け」を今回は作ってみようと思います! 野菜は「夏野菜」を中心に[…]

 

表面が乾かないようにペーパーなどを落とし、タレが常温に戻るまで放置です。

 

\いい湯ですな~/

 

 

タレが常温にまで戻ったらタッパーに移し、冷蔵庫で少なくとも一晩寝かせます。
きゅうりがプカプカ浮いてくると思いますので、ペーパーを落としてあげてくださいね。

 

完成 It’s ready to eat!!

 

完成までに2、3個しか味見していません!(エライ)

実際このお皿に盛って食べたのが、ちょうど丸一日経過した時でした。
とんでもなく味が染み込んでいるのが見て分かりますよね?

僕の白米メーターが、音を立ててはち切れました。
やみつききゅうりが白米を呼んでいます。
恐ろしいことに、この3切れだけで大盛りの白米が消えてしまいました。

しまった、もっと作っておけばよかった……。

 

 

筋クマ
このままじゃデブになっちゃうヨ。
筋クマの奥さん
もう手遅れやろ。

レシピ Recipe!!

<材料>4人分

きゅうり・・・・・・・4本
塩・・・・・・・・・・板ずり、塩揉み用

(A)濃口醤油・・・・・・・180cc
(A)みりん・・・・・・・・90cc
(A)酢・・・・・・・・・・90cc
(A)砂糖・・・・・・・・・大さじ6
(A)生姜・・・・・・・・・1かけ(千切り)
(A)唐辛子・・・・・・・・1本
ごま油・・・・・・・・大さじ1


下準備など

  • きゅうりは板ずりしておく。
  • 塩揉みして置いておくのに2、30分かかる。
  • 味が染み込むのに最低一晩。

 

手順

1,下処理したきゅうりを適当な大きさに切り分ける。
2,ボウルに(1)を入れ、大さじ1ぐらいの塩を入れてしっかり揉む。
3,(2)にラップをかぶせ、冷蔵庫で20~30分置いておく。
4,(3)を流水で洗い、しっかり水気を切っておく。
5,鍋に(A)を合わせ、沸騰させる。
6,沸いたら火を止めてごま油を入れ、(4)を浸ける。(ペーパーを落としておく)
7,(6)が常温に戻ったらタッパーに移し、冷蔵庫で最低一晩寝かせる。

 

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

 

「おつまみ」のお勧めレシピ

あわせて読む

筋クマ 牛すじって旨味がサイコーだよネ。   簡単な下処理でプロの牛筋煮込みへ   今回は、「牛すじ煮込み」を作ってみようと思います! 一般的に牛すじは固く、余計な臭みもあります。 […]

あわせて読む

筋クマ 焼き鳥屋さんのつくねを超える味を目指したヨ   みんな大好き軟骨入りつくね   今回は、「軟骨入りつくね」を作ってみようと思います! なんか無性にお肉が食べたくなる時ってありま[…]

あわせて読む

筋クマ 手羽元は美味し過ぎて骨の髄までチュッチュしてしまうよネ。   世界各国で愛される味・ハニーマスタード   今回は、「手羽元のハニーマスタード焼き」を作ってみます! 「ハニーマス[…]

 

最新情報をチェックしよう!