奥さんの寝言集更新!「夫婦漫画コーナー」から読みに来てネ。↑↑(4月4日)

【レシピ】香りと食感がクセになる!若ごぼうのきんぴらを作ったよ

筋クマ
春が近づくと面白い野菜が増えてくるネー。

春を告げる野菜

「若ごぼう」って知っていますか?
「葉ごぼう」とも呼ばれるそうで、主に大阪の八尾市にて栽培されているそうです。
1月頃から春にかけて出回り、春を告げる野菜として年々知名度を上げています。

八尾市

八尾特産「八尾若ごぼう」。レシピもご紹介しています。…

 

この若ごぼうは根だけでなく、葉や茎も食べます。
栄養も豊富で、機能性成分でおなじみの「ルチン」も多く含まれています。
今回は、「若ごぼうのきんぴら」を作ってシンプルに味わってみようと思います!

ルチン
毛細血管を強く丈夫にする作用がある。高血圧や動脈硬化などのリスクを軽減する。
ビタミンCの吸収も促進する為、老化予防にもなる。
そば、トマトやみかんなどにも多く含まれる。

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

若ごぼうをよく観察してみると、小さなごぼうが生えています!
カワイイネー!

 

若ごぼうをしっかり洗ったら、茎と根っこの間だけ落とします。
(汚れが強いし、食感もよろしくない)

 

はい、ここの部分だけ除きます↓↓↓
逆にそれ以外は全部食べられるので、大変コスパの良い野菜ですね!

 

茎はサッと細く斜めにざく切りしていきましょう。
茎の真ん中には大きく穴が空いております!

 

カワイイごぼうも切りましょう。

 

茎と根はまとめて酢水に晒します。
この野菜、とてもアクが強い!
最初は、水がある程度汚れなくなるまで流水で洗いましょう。
それからボウルに水を張り、酢を入れます。

最低でも30分!

 

30分経過!!!!!

水気を十分切ったら仕上げていきます。
たっぷりのごま油!

 

若ごぼうを投入!

 

しんなりしてきたら、濃口醤油、酒、みりん、砂糖、鷹の爪を投入!

 

きんぴらは野菜に調味料をしっかり吸わせることを意識して!

しっかり炒めます。
仕上げに白ごまをたっぷり入れて絡めましょう。

 

あっ、これが若ごぼうの葉っぱの部分です!
今回は使いませんでしたが、大根やカブの葉同様の調理をしてもらったら大丈夫。
僕は醤油なんかで炒めてふりかけでも作ろうかなと思っています。

 

完成 It’s ready to eat!!

シャキシャキですね。
不思議なことに、茎からもしっかりとごぼうの風味を感じます。
この食感と香りはたまりませんね。
美味し過ぎる。
若ごぼうを見かけたら、ぜひきんぴらを作ってみてください!

 

レシピ

<材料>2人分

若ごぼう・・・・・・・・・・・2本
ごま油・・・・・・・・・・・・大さじ1

(A)濃口醤油・・・・・・・・・・・大さじ2
(A)酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
(A)みりん・・・・・・・・・・・・大さじ1
(A)砂糖・・・・・・・・・・・・・大さじ1
(A)唐辛子・・・・・・・・・・・・適量
白ごま・・・・・・・・・・・・適量

1.切った若ごぼうは酢水(分量外)に30~60分漬け、アク抜きする。アク抜き後、しっかり水気を切る。
2.ごま油を引いて熱したフライパンに(1)を入れ炒める。
3.若ごぼうがしんなりしてきたら(A)を加え、煮汁がなくなるまで炒める。
4.白ごまを適量絡めたら完成。

 

最新情報をチェックしよう!