注目キーワード
【お知らせ】上部メニューに夫婦漫画コーナーを新設↑↑ウエウエ。ぜひ覗いてみてネ。       今年もカワハギ秋の肝パン祭り!

【レシピ】アサリとトマトのパスタ、ボンゴレロッソを作ったよ

アサリとトマトの基本のパスタ

今回は、オシャレにボンゴレロッソを作っていこうと思います!

イタリア語でボンゴレとは、「アサリ」のことです。
これは多くの人が知っていることだと思います。
(ハマグリもボンゴレ)

じゃあロッソはと言いますと、「赤」を意味し、
ボンゴレロッソとは、アサリ+トマトソース(赤)のことです。

調理過程

先ずは、アサリの砂抜きからです。
最近のスーパーで売られているアサリは綺麗で、砂抜きされているものが多いですが、
今回購入したアサリは、多少の汚れが見受けられました。

 

ボウルにアサリを入れ、流水で表面を洗います。
それから、死んでいるアサリを選別しました。

 

 

なんで死んでいるアサリを選別するのか?

・料理が腐敗臭でダメになるリスクがある
・中身に砂がジャリジャリの場合がある。(料理の中に砂が混じる)

 

生きている死んでいるの選別方法は、いくつかあります。

死んでいるアサリの特徴

・水管(ニョロっとした管)が、振動を与えても引っ込まない
・貝が半開きのまま
・アサリとアサリをぶつけ、中がスカスカの音がした方
(生きているアサリは、中身がしっかり詰まっているので音がいい)

 

既にお亡くなりになっているアサリとはサヨナラしまして、
いよいよ砂抜きです。
アサリの為に、海に近い環境を作ってあげましょう。

正しい砂抜き方法

3%の塩水にアサリを浸します
(アサリが半分顔を出し、呼吸出来る程度)
②必ずボウルとアサリの間にはザルを!
(吐き出した砂をアサリがまた取り入れる)
③アルミで光を遮り、涼しい場所で放置(1~2時間程度)
冷蔵庫はNG!寒すぎてアサリが砂を吐かない!)

 

アサリを放置している間に、パセリを用意!

 

しっかり洗ってみじん切り!
茎はエグ味があるので、葉の部分だけを使用しました。

 

ミニトマトを半分にカット!

 

赤トウガラシは、種を抜いて。

 

ニンニクは、たっぷりが美味しいです。

 

アサリの砂抜きが終わり、調理開始です!
先ずはオリーブオイルに、ニンニクと唐辛子の辛みを移していきます。
この時、ニンニク、唐辛子を投入してからフライパンを熱します。
フライパンが熱々の状態からスタートしてしまうと、
すぐにニンニクが焦げ、肝心の香りがオイルに移りません。

 

アサリをジャラジャラジャラ!!!!!

 

白ワインぶしゃあああああ!!!!!
蓋をして蒸します。
コハク酸がぶしゃああああ!!!!!

 

同時進行で麺を茹でます。
塩分濃度は、1.6%!!!!!

大体料理本なんかを見ていると、塩は1%と書かれています。(1Lにつき10g)
僕は、これだと若干塩味が足りないような気がして、
試行錯誤の末に1.6%に辿りつきました。

(ちなみにプロは、2%以上で茹でる人も結構います。)

 

麺が茹で終わり、フライパンにドボン!!!!!
トマトもドボン!!!!!

 

茹で汁を加え、パセリを加え、強火で絡めます。
さっき言い忘れましたが、一度アサリはバットに移しています。
絡める際に殻が割れたらダメなので……

 

完成!

トマトの甘みと、アサリの旨味が最高です。
シンプルなパスタだけど至高の逸品となりました。

写真に羊毛フェルトの奥さん登場!

 

レシピ

<材料>2人分

スパゲティ・・・・・・・・・・200g

アサリ・・・・・・・・・・・・300g
ミニトマト・・・・・・・・・・15~20個(半分に切る)

(A)にんにく・・・・・・・・・・・2かけ(みじん切り)
(A)唐辛子・・・・・・・・・・・・1本
(A)オリーブオイル・・・・・・・・大さじ1.5

白ワイン・・・・・・・・・・・大さじ2
パセリ・・・・・・・・・・・・適量(みじん切り

パスタの茹で汁・・・・・・・・適量

オリーブオイル・・・・・・・・大さじ1
バジル・・・・・・・・・・・・適量

1.冷たいフライパンに(A)を入れ、弱火にかける。
2.にんにくの香りが立ってきたらアサリと白ワインを入れる。
3.蓋をしてアサリの蓋が開くまで蒸す。(ここでアサリは一度バットに移す。)
4.パスタを表記の時間より2分短めに茹で、3のフライパンに移す。
5.お玉一杯の茹で汁を4に入れ、パセリ、ミニトマトも入れて炒める。
6.仕上げにオリーブオイル、バジルを投入して完成。

最新情報をチェックしよう!