注目キーワード
【お知らせ】上部メニューに夫婦漫画コーナーを新設↑↑ウエウエ。ぜひ覗いてみてネ。       今年もカワハギ秋の肝パン祭り!

【レシピ】濃厚タルタルソースのレシピも公開、極上チキン南蛮を作ったよ

タルタルソースも甘酢も全部が重要!

今回は、「チキン南蛮」を作っていこうと思います!

(前回、「照り焼きチキン」のレシピを紹介したばかりなのに再びチキン!)

関連記事

子どもも大人も大好きでしょ! 噛んだ瞬間のサクッと言う歯ごたえと、 口の中であふれる肉汁! タレは甘くて、ご飯が超進む一品……。 そう、今回作るのは「照り焼きチキン」! シンプルな料理に見えて奥が深い! ガンバッテツ[…]

「チキン南蛮」は宮崎県の名物料理。
最早ここまで愛される料理となれば、ニワトリさん達も本望でしょう。
コケコッコー!

さて、「チキン南蛮」なんですが、
胸肉を使用し、小麦粉と卵で揚げ、甘酢に浸したものにタルタルソースを乗っけて食べる。
これが現在のポピュラーな姿ではないでしょうか?
しかし噂では、チキン南蛮発祥のお店ではタルタルソースはかかっていないそうです。
一体誰が最初にタルタルソースを乗っけたんだ!?

また、最近では胸肉ではなくもも肉を使用するお店も増えています。
(筋クマ家も鶏もも使用。ジューシー)
きっと「チキン南蛮」のレシピに正解なんてないんです。

ってことで、
僕がサイコーにオイシーと思う「チキン南蛮」のレシピを紹介します!

調理過程

先ずは甘酢を作っておきます。

甘酢
酢:濃口醤油:ウスターソース:はちみつ(砂糖)=2:1.5:1.5:1.5
ウスターソースを加えることで甘酢の存在感が増します。
これでタルタルソースにも負けません。

 

そして次にタルタルソース!

僕の理想とするタルタルソースは濃厚故に、
タルタルソース単品で食べても美味しいと思えるものです。

始めに固めのゆで卵を作ります。

沸騰したお湯で12分!
コケコッコー!

 

タルタルソースに入るのは、
出来上がったゆで卵、更に、「らっきょう」!

よくレシピで見かけるのが、玉ねぎやピクルスですよね?
らっきょうって、玉ねぎとピクルスの中間みたいなヤツじゃないですか。
じゃあ、らっきょうだけで十分美味しいはず!!!!!

 

マヨネーズ、レモン汁、塩胡椒!

みじん切りにしたゆで卵とらっきょう!

 

ぐちゃぐちゃぐちゃ!!!!!

 

お肉の仕込みに入ります。
厚さを均等にし、しっかり塩胡椒で下味を付けます。

 

薄力粉を満遍なくまぶし、溶き卵を用意します。

 

溶き卵にくぐらせたら油にじゃあああああ!!!!!

\アツイヨー!/ \ギャアアアア!!!!!/

 

ちょっと濃いめのキンクマ色に揚がりました。
熱々の内に甘酢の入ったボウルに突っ込み、
お皿に盛ったらタルタルソースをたっぷりかけましょう。

 

完成!

何一つとして無駄のないチキン南蛮が完成しました!
もも肉を使っているからとってもジューシー!
ふわふわの衣にはしっかり甘酢が染み込み、
濃厚なタルタルソースが絶妙にマッチ!

ミンナモマネシテミテネ!

 

レシピ

<材料>2人分

鶏もも・・・・・・・・・・300g
塩胡椒・・・・・・・・・・適量

薄力粉・・・・・・・・・・適量
卵・・・・・・・・・・・・1個(溶いておく)

甘酢
(A)酢・・・・・・・・・・・・大さじ2
(A)濃口醤油・・・・・・・・・大さじ1.5
(A)ウスターソース・・・・・・大さじ1.5
(A)はちみつ・・・・・・・・・大さじ1.5(砂糖でも可)

タルタルソース
(B)マヨネーズ・・・・・・・・90g
(B)卵・・・・・・・・・・・・2個(固めのゆで卵をみじん切り)
(B)らっきょう・・・・・・・・15g(みじん切り)
(B)レモン汁・・・・・・・・・小さじ1
(B)塩胡椒・・・・・・・・・・適量

1.(A)、(B)をそれぞれ合わせ、甘酢とタルタルソースを作っておく。
2.鶏ももの厚さを均等にし、塩胡椒でしっかり下味を付ける。
3.(2)に薄力粉を万遍なくまぶす。
4.溶き卵に(3)をしっかりくぐらせ、170℃の油で筋クマ色になるまで揚げる。
5.(4)が熱い内に甘酢を染み込ませ、盛り付け後にタルタルソースを乗せて完成。

最新情報をチェックしよう!