今年も食欲いっぱいで頑張りますヨ。

【レシピ】金沢の郷土料理!治部煮

キンクマ
煮物は丁寧さが大事だヨ。

 

歴史ある金沢の郷土料理

 

「治部煮(じぶに)」って聞いたことありますか?

薄力粉をまぶした鴨肉、すだれ麩(金沢の特産品)、野菜を合わせて煮ます。
薄力粉は肉の旨味を閉じ込め、煮汁にとろみを付けてくれます。
また、薬味にワサビを用いるのですが、それがまたオイシー!

今回は鴨肉は使わず、鶏もも肉を用いています。
(本当は鴨肉が食べたかったけどお財布と相談した結果鶏肉です!)

お料理開始 Let’s Cooking!!

 

先ずは、野菜の下茹でからします!
火が通りにくい野菜は、下茹ですることで煮物が圧倒的に美味しくなりますネ。

(面倒なら固い野菜から順に煮てネ)

 

キンクマ
素材の味を活かすには下処理が大事だヨ。

 

 

里芋も下茹で~。

料亭なんかじゃ煮物を作る場合、素材ごとに下処理(下茹で)します。
それが美味しさの秘訣なんです。

 

キンクマ
野菜それぞれを個別でベストな状態にするヨ。

 

 

ほうれん草は塩水で茹で、冷水に。
塩水で茹でることで綺麗なしっかり青が出て、冷水で締めることでしっかり青が残ります

 

 

エリンギじゃないですヨ。
「大黒しめじ」ですヨ。

「香り松茸、味しめじ」って言葉聞いたことありますか?
「香りは松茸が一番だけど味はしめじの方がオイシー」と言う意味です。
ここでの「しめじ」とは、ブナシメジのことではなく、この大黒しめじのことです。
(バター炒めなんかすると超オイシー。もし食べたことが無いって人は一度食べてみてネ)

一瞬だけお湯にくぐらせ、軽くアク抜きします。

 

 

鶏ももは、「からあげサイズ」に切り分けました。
薄力粉どばああああ!!!!!

 

しっかり塗して、余計な分はしっかり落とします。

 

 

出汁、濃口醤油、酒、みりん、砂糖を合わせ、一度沸かせましょう。
言うの忘れていましたが、治部煮は結構しっかり目に味を入れます!

 

 

鶏肉をどばああああ!!!!!

 

キンクマ
薄力粉のお陰で汁にとろみが付いて野菜やお肉に艶が出るヨ。

 

 

鶏肉をある程度煮たら、先ほど下茹でした野菜達も投入!
数分煮たら火を止め、あとは冷ましながら味を入れて完成。

 

完成 It’s ready to eat!!

 

鶏肉を大きく切ったお陰か、良いおかずになりましたね。
それにワサビが最高に合います!

野菜も手間暇かけて下処理した甲斐がありました。
煮物はこうでないといけませんね。

(あと本当はすだれ麩を入れたかった!)

 

キンクマ
ワサビが合うネ~。
キンクマの奥さん
酒に合うぞぉ!

 

レシピ

<材料>4人分

鶏もも肉・・・・・・300g
お好みの野菜・・・・適量
薄力粉・・・・・・・適量

(A)出汁・・・・・・・・360cc
(A)濃口醤油・・・・・・大さじ4
(A)みりん・・・・・・・大さじ4
(A)酒・・・・・・・・・大さじ2
(A)砂糖・・・・・・・・大さじ2

ワサビ・・・・・・・お好みで


1,野菜をそれぞれ処理、下茹でする。
2,鶏もも全体に薄力粉をまぶす。
3,(A)を合わせ、一度沸かす。
4,(3)に(2)を入れる。
5,鶏肉に火が通ったら(1)を入れ、5分ほど煮る。
6,火を止め、冷ましながら味を入れたら完成。
7,盛り付け後、お好みで鶏肉にワサビを乗せて食べる。

 

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

 

「和食」のお勧めレシピ

あわせて読む

キンクマ お魚捌くの楽しいネ。   魚嫌いの子どもが食べられるほどの美味しさ   今回は、アジを使って「鰺バーグ」を作ってみます。 アジのハンバーグですね。 この料理の特徴は、何と言[…]

あわせて読む

キンクマ 豆腐は人類最大の発明だネ。 そう思わんかネ?   「がんもどき」は自家製が一番美味しいのです   「がんもどき」って中々ご家庭で作ることは少ないですよね? もし手作りがんもどき[…]

あわせて読む

筋クマ 豆腐は健康的だから沢山食べても大丈夫カナ?   豆腐を一番美味しく食べる方法が揚げ出しだと思います   今回は、「揚げ出し豆腐」を作っていきます。 熱くてふわふわで、衣に染み込[…]

最新情報をチェックしよう!