奥さんの寝言集更新!「夫婦漫画コーナー」から読みに来てネ。↑↑(4月4日)

【レシピ】自家製がオイシー!がんもどきを作ったよ

筋クマ
豆腐は人類最大の発明だネ。
そう思わんかネ?

がんもどきは自家製が一番オイシーのです

「がんもどき」って中々ご家庭で作ることは少ないですよね?
もし手作りがんもどきを食べたことがないのなら、人生だいぶ損しています!!!!!
人によっては唐揚げに匹敵するレベルに感じるかもしれません。

揚げたてを生姜醤油で食べるのは本当に最高なのです。

そんなに難しくはないですので、みなさんチャレンジを!

お料理開始 Let’s Cooking!!

豆腐を水切りします。
どんな風に水切りしてもかまいません。

僕は力ずくで豆腐から水分を絞り出す派です。

 

バットにペーパーを引いて豆腐を置きます。
網は必ずしておいてください。

 

豆腐の上に更にペーパーを置き、バットごとラップをかけます。
そしてその上に水をたっぷり入れたタッパーを置きます。

 

そのまま冷蔵庫へ!
(更に牛乳を置きました)

約2時間!!!!!

(みなさんお勧めの豆腐の水切り法はありますか?)

 

がんもどきって作り方は本当に単純なので、
突然ですが、「人参の細切り講座」を始めます!!!!!

人参を細切りにする時、こうやって人参を立てて始めていませんか?

 

筋クマ流は、寝かした状態からスタートです。

 

まず一か所切ります。

 

切った面を下にしたら、物凄く安定しますよね?

 

こうやって薄切りにしたら、超均等に切りやすい。

 

そして、半分いかない所まで切ったらクルッと人参の向きを変え、再び薄切りにしていきます。

 

あとは、ババッと細切りにするだけです。
これぐらいの量ならば、人参の皮むきから細切りまで1分ほどで綺麗に終われるようになります。

「人参の細切り講座」は以上!!!!!

少しでもこの良さが分かった方は、ぜひ真似してみてくださいネ。

 

豆腐の水分が抜けました。(掴んで壊れない程度になっていたら水切りオッケー)
裏ごしします。

(裏ごしする道具が無い人は、若干舌ざわりが劣りますが素手でぐしゃぐしゃに握り潰してください。)

 

長芋!!!!!
コイツのすりおろしを濾した豆腐に混ぜます。

 

濾した豆腐、おろした長芋、人参の細切り(小)、きくらげ、黒ゴマ。
砂糖、塩、薄口醤油、みりん!

具なんですが、今回家にあるものが少なかったです。
他にも枝豆、ごぼう、銀杏、ひじき、昆布、冷凍剥きエビなんかがお勧め!

 

しっかり混ぜます。

 

手にサラダ油を塗って成形します。
モッチモチ!

 

160℃の油でじゅううううう!!!!!

完成 It’s ready to eat!!

奥さんも大絶賛!
びっくりするぐらいのふわふわ食感です。
生姜醤油がよくマッチします。

ぜひ作ってネ。

(仕上げに油の温度を上げて表面カリッカリにしてもオイシー!)

 

レシピ

<材料>4人分

豆腐・・・・・・・・・・・2丁(水切り前600~700g)

人参・・・・・・・・・・・1/3本(短い細切り)
ごぼう・・・・・・・・・・1/3本(短い細切り)
枝豆・・・・・・・・・・・適量(みじん切り)
きくらげ・・・・・・・・・適量(短い細切り)
黒ゴマ・・・・・・・・・・適量
(具材はお好みのものを)

(A)長芋・・・・・・・・・・・60g(すりおろし)
(A)塩・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
(A)砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1/2
(A)薄口醤油・・・・・・・・・大さじ1
(A)みりん・・・・・・・・・・大さじ1

1.水切りした豆腐を裏ごしする。
2.(1)に(A)を混ぜる。
3.手にサラダ油を塗り、(2)を成形する。
4.(3)を160℃の油でキンクマ色になるまで揚げる。生姜醤油につけて食べる。
(焦げ目がつくほどしっかり揚げてもオイシー)

 

最新情報をチェックしよう!