奥さんの寝言集更新!「夫婦漫画コーナー」から読みに来てネ。↑↑(4月4日)

【レシピ】家でも作れる!絶品軟骨入りつくね

筋クマ
焼き鳥屋さんのつくねを超える味を目指したヨ。

みんな大好きつくね

今回は、「軟骨入りつくね」を作ってみようと思います!

なんか無性にお肉が食べたくなる時ってありますよね?
ちょうど冷凍庫に沢山鶏肉があったし、思い切って作ることにしました。

ミンチを買えば簡単なんですけど、
コスパを考えてフードプロセッサーで頑張ります!

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

やげん軟骨は包丁で簡単に刻めるネ

「やげん軟骨」です。
鶏の胸骨の先端にある軟骨ですが、何といっても食感が最高ですよね。

これを頑張って刻みます。

チタタプチタタプチタタプ

 

鶏肉は、もも肉と胸肉を半々で使います。
二つの部位を合わせることで抜群の肉々しさを表現できますね。

あっ、皮は剥がして鶏皮ポン酢にして食べました。

 

驚愕の1キロ超えミンチ完成!!!!!

自家製ミンチを作るメリットは、挽き加減を調整できるからいいですよね。
それにやっぱりジューシーさも出ますよ。
(冷凍のお肉なんですけどネ。)

 

料理によっては1.3%ぐらいまで入れるヨ

ミンチで大事なのは「塩」!
基本的に全量の1%の塩を入れるとオイシーと言われております。

 

粘りが出るまで・・・
こねこねこねこねこねこね

 

やげん軟骨、片栗粉、卵白、長ネギ、生姜、ブラックペッパー!

 

しっかり混ぜました!

 

今回つくねはフライパンで焼いていきます。

手に油を塗って成形します。
がんもどきの時も同じようにやりましたが、
手にお肉がくっつきません。

あわせて読む

筋クマ 豆腐は人類最大の発明だネ。 そう思わんかネ? がんもどきは自家製が一番オイシーのです 「がんもどき」って中々ご家庭で作ることは少ないですよね? もし手作りがんもどきを食べたことがないのなら、人生だいぶ損して[…]

 

焼いていきます!

 

ひっくり返すと美味しそうなキンクマ色に!

 

酒を入れ、ハンバーグと同じように後半は蒸します。

 

つくねが無事に焼けたら一度バットに避難させます。
そして同じフライパンでタレを作りましょう。

濃口醤油、みりん、砂糖!

 

煮詰めてとろとろにしていきます。

 

良い感じのタイミングでつくねを投入!
しっかりタレを絡めていきます。

 

 

完成 It’s ready to eat!!

大葉を乗せ、卵黄にくぐらせて食べます。
中々の仕上がりになりました。

ジューシーだし、ちゃんと肉を食べている喜びを感じられました。
軟骨の食感もたまらないんですよ。

奥さんも大興奮でお酒を飲んでおりました。
(僕は白米が止まりませんでしたヨ。)

 

筋クマ
オイシー!白米おかわり!
筋クマの奥さん
酒うめぇ!

レシピ

<材料>4人分

鶏もも肉・・・・・・・・・150g(ミンチ)
鶏むね肉・・・・・・・・・150g(ミンチ)
やげん軟骨・・・・・・・・80g(みじん切り)

塩・・・・・・・・・・・・3g(ミンチの量の1%)
(A)片栗粉・・・・・・・・・・大さじ1
(A)卵白・・・・・・・・・・・1個分
(A)長ネギ・・・・・・・・・・1本(みじん切り)
(A)生姜・・・・・・・・・・・2かけ(みじん切り)
(A)ブラックペッパー・・・・・適量

酒・・・・・・・・・・・・大さじ2

(B)濃口醤油・・・・・・・・・大さじ3
(B)みりん・・・・・・・・・・大さじ3
(B)砂糖・・・・・・・・・・・大さじ2

卵黄・・・・・・・・・・・1個(付けて食べる用)
大葉・・・・・・・・・・・お好みで(肉のタネに混ぜてもいいネ)


1.鶏もも肉と鶏むね肉のミンチを合わせたところに塩を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
2.(1)に(A)を加えて混ぜる。
3.(2)を成形する。
4.油を引いたフライパンで(3)を焼く。
5.焼き色が付いたらひっくり返し、酒を入れて弱火で蒸し焼きにする。(約5分)
6.(5)を一度バットに取り出す。
7.同じフライパンに(B)を入れ、煮詰めていく。
8.(7)にとろみが付いてきたら(6)を入れ、スプーンなど使いしっかりタレを絡めて完成。

 

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

最新情報をチェックしよう!