奥さんの寝言集更新!「夫婦漫画コーナー」から読みに来てネ。↑↑(4月4日)

【レシピ】まるでお肉!激ウマ鰺バーグ

筋クマ
お魚捌くの楽しいネ。

魚嫌いの子どもが食べられるほどオイシー

今回は、アジを使って「鰺バーグ」を作ってみます。
アジのハンバーグですね。

この料理の特徴は、何と言ってもお魚感がゼロになること!

お魚好きの僕からしたらこれはメリットなのかデメリットなのか分かりませんが、
お魚嫌いの方からすれば革命的な料理かもしれません。
だからお魚嫌いのお子さんなんかに食べさせると、
もしかしたら好き嫌いの克服なんかに繋がるかもしれませんね。
(骨も予め取り除いているから離乳食としても人気ですネ。)

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

丸々太ったアジさんです。
今回は超ざっくり捌き方も解説しますネ。

 

豆アジを唐揚げにする場合なんかは落とす必要ないヨ

アジの仲間には「ゼイゴ」と呼ばれる発達したウロコがあります。
尾のつけ根から包丁を入れ、ゼイゴだけを取り除くよう包丁を上下にギコギコ動かします。

 

こんな感じでそぎ取れます。
反対側のゼイゴも同じように取りましょう。

 

頭を落とします。

 

頭を落としたら、肛門まで包丁を入れてお腹を開いていきます。

 

包丁のあご(根本の部分)を使って内臓を掻き出します。

 

血ワタを取る時は流水に当てながらブラシで擦るとイイネ

もしかしたら見逃しがちな部分がこの「血ワタ(血合い)」じゃないでしょうか?
中骨に沿って包丁で切れ込みを入れるだけで洗った時に取りやすくなります。

 

流水で綺麗に洗い、しっかり水気を切りました。
これから3枚に卸していきます。

もうこの辺は正直、トライアンドエラーな気がします。
お魚さんを捌くのが上手くなりたいのならば、
同じ種類の魚をひたすら捌き続けるに限ります。
(だから一般的に料理屋さんよりお魚屋さんの方が神レベルに捌くのが上手いのです。)

まあ家庭料理内での話になれば、
食べられるレベルで3枚おろしが出来たら十分ですよね!
(僕も正直お魚さんを捌くのに関しては得意じゃありません。)

 

包丁はスーッと動かしてネ

アジ程度の大きさの魚であれば、
包丁1回目で皮に切れ目を入れ、包丁のガイドラインを作り、
包丁2回目でガイドラインに沿って中骨まで刃を到達させるイメージです。

とにかく無駄な力を入れず、包丁を同じ角度で最後まで滑らせれば酷いことにはなりません。
(ただし包丁の切れ味が十分あることは前提の話ですヨ。)

 

中骨に身が残らないほど上手いと言われます。
これに関しては一生勉強ですネ。

 

腹骨をすきます。

 

これで包丁の出番は終わり!

 

安全なご飯が出来るよう頑張ろうネ

骨抜きで小骨を抜いていきます!
骨が残っていたらイタイイタイですもんネ。

 

フードプロセッサーでミンチにします。
あ、皮は剥いでいません!
皮に旨味がありますので!

 

大葉の細切り、長ネギのみじん、おろし生姜、片栗粉、味噌、濃口醤油、酒、塩胡椒!
アジのミンチとしっかり混ぜます。

 

ハンバーグの形に成形して焼きましょう!

 

完成 It’s ready to eat!!

おろしポン酢でいただきます!

これはお魚の食感ではないですね。
お肉です!
魚臭さはゼロ!
とってもジューシーで、ある意味普通のハンバーグよりオイシーかも!?

 

筋クマ
アジって何にしても最高だネ。
筋クマの奥さん
夏は大量に釣ろう。

レシピ

<材料>2人分

鰺・・・・・・・・・・・・大サイズ1匹か中サイズ2匹

(A)大葉・・・・・・・・・・・3枚(細切り)
(A)長ネギ・・・・・・・・・・1本(みじん切り)
(A)生姜・・・・・・・・・・・1かけ(すりおろし)
(A)味噌・・・・・・・・・・・大さじ1
(A)濃口醤油・・・・・・・・・大さじ1/2
(A)酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
(A)塩胡椒・・・・・・・・・・適量
(A)片栗粉・・・・・・・・・・大さじ1

大根おろし・・・・・・・・お好みで
ポン酢・・・・・・・・・・お好みで


1.鰺は三枚おろしにし、小骨も抜いておく。皮はそのまま。
2.(1)をフードプロセッサーにかける。
3.(2)に(A)を混ぜる。
4.(3)を成形し、サラダ油を引いたフライパンで焼く。
5.(4)が片面焼けたらひっくり返し、ある程度焼いたところで水を入れ蒸し焼きにする。
6.(5)を盛り付け後、お好みでおろしポン酢で食べる。

 

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

最新情報をチェックしよう!