現在ブログ内工事中!ガンガンガンガン(6/11~未定)

【レシピ】定番の組み合わせ!鴨のロースト オレンジソース添え

筋クマ
カルガモって引っ越ししているだけなのに可愛いよネ。

 

鴨×オレンジは王道です

 

奥さんがどうしても鴨肉を食べたかったようで、なんと奥さん自らが冷凍の外国産ですがネット注文してくれました。
内臓は抜かれた状態で、丸々1羽やってきました!

でも実は、鶏に関しては丸の状態のものを捌いたことないのです(笑)

一応捌き方はなんとなく知ってはいたのですが、実際に捌いてみない限りは分かりませんよね。
さあ、僕は無事に捌くことは出来るのでしょうか!?

で、捌いた後なのですが、鴨ロースを使ってローストを作ることにしました。
それに掛けるのは、「オレンジソース」です。
鴨と言えばネギのイメージが強いかもしれませんが、オレンジとの組み合わせもたまらなくオイシーのです。

 

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

 

奥さんは、「松島ミート」さんで購入したみたいです。
サイトを覗いてみると、色んなお肉が並んでいて見ているだけでワクワクしました(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あい鴨中抜き (グリラー) ダック Duck 1.6kg 1羽 (送料別)
価格:1200円(税込、送料別) (2022/6/24時点)

楽天で購入

 

 

鴨です。

 

 

鴨のお尻ってほんと可愛いですよね。
ちなみにこの先端がぼんじりです。

 

 

背中の皮に切れ込みを入れて、お肉を取り外していきます。
やり方知っているのは、ここまでです(笑)

 

 

ここからは、勘を頼りに捌いていきます。
驚いたことに、包丁を入れていくと結構簡単にお肉は骨から剥がれていきます。

なんだか、魚をさばいている気分です。

 

 

油断したのもつかの間、なんとここから20分ぐらいかかってしまいました(笑)

もも肉、手羽元、手羽先、ササミ!

ササミが恐ろしいぐらいボロボロになってしまったので、次は失敗しません!

 

 

これが今回食べるロースです。
よく見る形ですね。

写真は取っていませんが、もちろんガラもいつか出汁を取るのに使います。

 

 

さあ、オレンジソースを作っていきます。

 

 

ソースのベースにもなるジュースと盛り付け用を確保。
盛り付け用が必要ない場合、100%オレンジジュースでも構いません。

 

 

皮でオレンジピールも作ります。
ちょっぴりほろ苦さも足しましょう。

 

 

フレンチのソースでは定番の手法だネ

鍋に赤ワインビネガーとグラニュー糖を入れ、ガストリック!

ガストリックはフランス料理の手法で、砂糖やはちみつなどの甘いものに酸味がある液体を加えてカラメル状にするものです。
この手法を使うだけで、ソースのレベルが跳ね上がります。
コクが段違い!

 

 

カラメルソースと同じ感じだヨ

真っ黒にならない程度にぐつぐつさせます。

 

 

近所のスーパーにフォンドボーが売られていなかったヨ

オレンジジュースとオレンジピール、フォンドボーを加えたい所でしたが、フォンドボーが無かったので、今回はコンソメキューブを代用しました。

また、更に美味しくしたいのならグランマニエも少量加えてください。

アクを取りながら、1/3ぐらいの量になるまで煮詰めます。

 

 

だいぶとろみが付いてきました。
を少々入れ、味を整えます。

 

 

乳化もフレンチの定番だネ

仕上げにバターを入れ、しっかり乳化させましょう。(バターモンテ)
冷たいバターをゆっくり溶かしていけば、あとはしっかり混ぜるだけで乳化してくれます。

 

 

オレンジソースの完成!
油が浮いてなく、ツヤがあれば乳化成功です。

 

 

鴨ロースを焼いていきます。
皮目に適当に切れ込みを入れてください。

そして全体に塩を振ります。

(鴨ロースは室温に戻しておく。)

 

 

強火で熱したフライパンに皮目から置きます。
鴨はデブなので、油は引きません。

 

 

両面に焼き色を付けましょう。

 

 

続いてオーブンに入れます。
オーブンに入れる前、皮目に先ほどのフライパンに溜まった油をかけてあげてください。

200℃で約5分ほど焼きます。

 

 

オーブンから出しました。

中も十分熱くなっていたら、完全にアルミで包んで5分寝かせます。
おやすみなさい。

 

\オヤスミ/

 

完成 It’s ready to eat!!

 

ぎゃ~!!!!!

一度オレンジソースを冷蔵庫に入れてしまったのが悪かったのか、ソースが分離してしまいました!
無茶苦茶ショックです。
味見した時の方が明らかに美味しかった……。

でもまあ、鴨が最高だったので大丈夫!

お肉の旨味が強くて幸せでした。
これぞ鴨って感じです。
安いし、冷凍でも何ら問題と思いました!

今度は僕が奥さんに買ってプレゼントします。

 

筋クマ
ソースが台無しになってしまったヨ。
筋クマの奥さん
また作って。

レシピ Recipe!!

<材料>2人分

鴨ロース・・・・・・・・・400g

塩・・・・・・・・・・・・適量

オレンジジュース・・・・・100cc
グラニュー糖・・・・・・・大さじ2(砂糖でも可)
赤ワインビネガー・・・・・大さじ2
フォンドボー・・・・・・・100g(コンソメでも可)
オレンジピール・・・・・・1/4個分(なくてもよい)
バター・・・・・・・・・・30g
塩・・・・・・・・・・・・少々


下準備など

  • 生のオレンジがあるならオレンジピールを作っておく。
  • 鴨ロースは常温に戻しておく。
  • オーブンを200℃に予熱しておく。

 

手順

1.鴨ロースは皮目に複数個所切れ込みを入れる。全体に塩をまぶす。
2.油を引かずフライパンに(1)を皮目から入れ、強火にかける。
3.両面しっかり焼き色を付ける。
4.(3)を200℃のオーブンに約5分入れる。
5.中心まで熱が入っていたらアルミで包み、更に余熱で5分火を入れる。
6.グラニュー糖と赤ワインビネガーを鍋に合わせ、カラメル状になるまで火にかける。
7.オレンジジュース、フォンドボー、オレンジピールを入れ、最初の1/3ぐらいの量になるまで煮詰める。
8.塩で味を整え、バターを入れてしっかり乳化させる。
9.スライスした(5)に(8)をかける。

 

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

 

「西洋」のお勧めレシピ

あわせて読む

筋クマ 最強のハンバーグを教えるヨ。   みんな大好きハンバーグ   今回は、最強の「ハンバーグ」を作ってみようと思います! ハンバーグは子どもから大人まで大好きなおかずですよね。 […]

あわせて読む

筋クマ クリスマスにもぴったりな料理だと思うヨ   お弁当やパーティーなんかにも!   「スパニッシュオムレツ」は、その名の通りスペインの料理です。 ふわふわの卵の中にじゃがいもが入っ[…]

あわせて読む

筋クマ とってもカワイイかぼちゃだヨ。 坊ちゃんかぼちゃを知っていますか 「坊ちゃんかぼちゃ」は、手のひらに収まるぐらい小さなかぼちゃです。 これは成長過程ではなく、しっかり成熟したかぼちゃなので驚きです。 甘[…]

 

最新情報をチェックしよう!