注目キーワード
【お知らせ】上部メニューに夫婦漫画コーナーを新設↑↑ウエウエ。ぜひ覗いてみてネ。       今年もカワハギ秋の肝パン祭り!

【レシピ】贅沢レモン酎ハイを作ったよ

お酒が大好きな奥さんの為に、
今回はレモン酎ハイを作ってみようと思います。

 

 

今回使用するレモンは、淡路島旅行の戦利品として入手した物!
平岡農園さんが育てられた、「アレンユーレカ」と言う品種です。

関連記事

淡路島は玉ねぎの島!? 淡路島と言えば、玉ねぎのイメージが強いです。 果たして淡路島は玉ねぎだけの島なのか? 僕たち夫婦は、真実を自らの目で確かめるべく立ち上がりました。   そもそも何で玉ねぎが有名なのか […]

 

アレンユーレカの特徴

皮が青くても食べられ、酸味が強く、香りが良い
レモン酎ハイにアレンユーレカを使うのは、正にベストなんですね。
他にも、レモンスカッシュを作るのもお勧めだそうです。
もちろん料理のアクセントにも使えますし、これは万能レモン!

 

調理過程

それでは、レモン酎ハイの方を作っていきます。
レモンの頭とお尻を落とします。
切った瞬間、レモンの香りが鼻にまで届きました。
今から完成が楽しみです。

 

皮を剥いていきます。

 

全部剥けました。

 

果実の部分だけ切り落としていきます。

 

こんな感じ!
更にここから、種、白い部分を丁寧に除きます。

 

バットに並べ、冷凍庫へ。
贅沢にも、果実を氷にしちゃうのです。

 

焼酎は、お好みの物があればどれでもいいと思います。
僕が今回使用する焼酎はこちら!

 

甲類の焼酎で、定番ですからね。
ちなみに甲類の方が癖がない仕上がりになり、
世にあるレモン酎ハイの多くは甲類が使用されています。

 

完成!

焼酎と炭酸水の割合は、1:3!!!!

なんとレモン2個分の果汁を絞りました。
奥さんは幸せそうに酔っぱらっていて、作って良かったと思いました。

 

レシピ

<材料>1人分

焼酎・・・・・・・・・・・50cc
炭酸水・・・・・・・・・・150cc
レモン果汁・・・・・・・・2個分

1.氷を入れたグラスに材料を合わせて軽く混ぜる。

最新情報をチェックしよう!