現在ブログ内工事中!ガンガンガンガン(6/11~未定)

【レシピ】パリもちっ!たっぷり野菜のあんかけかた焼きそば

筋クマ
 麺も飲み物サ

 

中華麺の良さを最大限に引き出す料理

 

みなさんは中華料理屋さんに行ったとき、ごはん系は何を頼みますか?

チャーハン? 天津飯? ラーメン?

僕は必ずチャーハンと麺類のダブル注文です!
やっぱり炭水化物を多量摂取しなければ元気は出ません!
そして麺類のメニューの中に大体ある「かた焼きそば」
食べたことありますか?

僕は大体いつもこれが食べたくなります。

揚げることによって中華麺はカリカリもちもち食感になり、その上にかけられる野菜やお肉、魚介たっぷりの餡!

ほんと美味しいです。
これなら3皿ぐらい余裕で食べられそうです。

まだかた焼きそばを食べたことないって人も、既に大好きな人も、ぜひ僕のレシピを参考に作ってみてください!

 

 

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

 

お肉の下味は超重要だヨ

かた焼きそばにおいて重要な「あん」から作っていきます。
先ずは、豚肉をしっかり炒めていきます。

しっかり塩胡椒で味を入れてください。

 

 

具材が多いほどオイシーよネ

お肉が炒まったら、お好きな野菜達を順次炒めていきます。

 

 

鶏ガラスープ、オイスターソース、濃口醤油、酒、砂糖、生姜のすりおろし!

 

 

とろみを上手に付けれるカナ?

水溶き片栗粉でとろみを付けます。
仕上げにごま油を回し入れたらあんの完成!

あんが上手く作れないって方は、下の記事をご参考ください。

あわせて読む

筋クマ 豚肉で思い出したけど、ミニブタって可愛いよネ   本格的に仕上げていくヨ   今回は、「黒酢酢豚」を作ってみようと思います! 名前の通り、「黒酢」を使ったコクのある酢豚です。[…]

 

 

中華麺を用意!
袋のままでいいのでレンジで少し温め、麺を全てほぐしておきます

 

 

油が弾けやすいので注意だヨ

そしてたっぷりの油(170℃)で揚げていきましょう!
揚げる時間によって、麺の固さが決まります。
また、揚げながら菜箸で形を整えていってください。

もちろん揚げるのが面倒な場合は、揚げ焼きのようにすることでもかた焼きそばを再現できます
油を引いたフライパンで、麺をフライ返しなんかで押さえながら焼いてください!

 

完成 It’s ready to eat!!

 

この少しジャンクな感じがまた最高ですよね。

食べた感想ですが、麺のもちもちカリカリ具合が最高です!
やっぱり時間かけて油で揚げた方がムラなく麺の表面がカリッとしますね。
そして熱々のあんもとってもオイシー!

僕はこれをおかずに白米を食べました!

 

筋クマ
 炭水化物(麺)&炭水化物(白米)!
筋クマの奥さん
 デブの極みやね

レシピ

<材料>2人分

中華麺・・・・・・・・・・2玉

豚ロース・・・・・・・・・100g(薄切り)
海鮮ミックス・・・・・・・60g
お好みの野菜・・・・・・・適量
塩胡椒・・・・・・・・・・適量

(A)鶏ガラスープ・・・・・・・300cc(熱いもの)
(A)オイスターソース・・・・・大さじ1
(A)濃口醤油・・・・・・・・・大さじ1
(A)酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
(A)砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1
ごま油・・・・・・・・・・大さじ1
水溶き片栗粉・・・・・・・適量(片栗粉:水=1:2)


1.油を引いたフライパンで豚肉を炒める。塩胡椒で味を付ける。
2.海鮮ミックス、お好みの野菜達を順に入れて炒める。
3.(A)を入れ、一度沸かす。
4.水溶き片栗粉でとろみをつける。
5.ごま油を回し入れたらあんの完成。
6.中華麺をレンジでチンし、よくほぐしておく。
7.(6)を170℃の油でしっかり揚げる。
8.(7)を盛り付け後、(5)をかけて完成。

 

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

 

「麺」のお勧めレシピ

あわせて読む

筋クマ 炭水化物は友達サ   日本発祥の甘いパスタ   今回は、甘くてどこか懐かしい「ナポリタン」を作ってみようと思います! 僕ぐらいの世代の人って、多分あんまりナポリタンをお店で食べ[…]

あわせて読む

筋クマ うどんも無限に食べられる料理の一つだネ。   修羅の国・北九州が生んだソウルフード!   毎年成人式の頃になると、あまりの過激さからいつもニュースに取り上げられる北九州。 何を隠そ[…]

あわせて読む

筋クマ パスタっていくら食べてもお腹にたまった感じがしないんだよネ。   アサリとトマトを使った基本のパスタ   今回は、オシャレに「ボンゴレロッソ」を作っていこうと思います! イタリ[…]

最新情報をチェックしよう!