注目キーワード
【お知らせ】上部メニューに夫婦漫画コーナーを新設↑↑ウエウエ。ぜひ覗いてみてネ。       今年もカワハギ秋の肝パン祭り!

【レシピ】可愛い縁起物!くわいコロッケを作ったよ

筋クマ
大阪の吹田市のマスコットキャラはくわいなんだヨ。

くわいって知っていますか?

「くわい」は、縁起物の食材として扱われることが多い野菜です。
今年、おせちで食べた方もいるんじゃないでしょうか?

でも「くわい」は、まだまだメジャーな野菜とは言い切れない気がします。

今回は、そんな「くわい」を使ったコロッケを作ってみようと思います!

 

不思議ナ形ダネー。

芽がニョキニョキ出ているから「目(芽)が出る」縁起物。
昔、中国から伝来した野菜らしいです。

 

調理過程

お尻を少し切り落とし、頭から生えた触覚みたいなものも切り落とします。
そして皮を剥きましょう。

可食部は、この中身です。

 

大きいサイズは適当に半分に切りました。
これから下茹でしていきます。

 

アクが多い野菜なので、米の研ぎ汁と共に!

ぐつぐつぐつぐつ!!!!!

 

下茹で完了です。

 

潰します。
完全に潰さず、少しくわい自身の食感を味わえるようにします。

ぐちゃぐちゃぐちゃ!!!!!

 

続いて、くわいに混ぜるミンチと玉ねぎの用意です。
フライパンにオリーブオイルを引きます。

 

玉ねぎを炒めます。

 

玉ねぎが透明になったらミンチを投入。
塩胡椒、ブラックペッパー、ナツメグ、コンソメ顆粒でしっかり下味を付けます。

「ちょっと味が濃いかな?」って思うぐらいがベスト。

 

先ほど潰したくわいとしっかり混ぜます。

 

丸めます!

 

先ほど切り取った頭の触覚を飾りとして再び装着!

 

薄力粉、溶き卵、パン粉!

 

カワイイネー!

(パン粉付けたあとに触覚を突き刺した方が良かったかも……)

 

160℃の油で揚げます。

じゅううううううううう!!!!!

\ギャアアアア!!!!!!!!/ \アツイヨー/

 

完成!

くわいの特徴である栗のような味、ホクホクとした食感が生きたコロッケになりました!

今度くわいをお見掛けした際は、ぜひ買って作ってみてくださいネ。

 

レシピ

<材料>2人分

くわい・・・・・・・・・・・・15個ぐらい

牛豚合挽・・・・・・・・・・・60g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・1/2個(みじん切り)
オリーブオイル・・・・・・・・大さじ1
(A)塩胡椒・・・・・・・・・・・・適量
(A)ブラックペッパー・・・・・・・適量
(A)ナツメグ・・・・・・・・・・・適量
(A)顆粒コンソメ・・・・・・・・・適量

薄力粉・・・・・・・・・・・・適量
卵・・・・・・・・・・・・・・1個(溶き卵)
パン粉・・・・・・・・・・・・適量

1.くわいは上下を落とし皮を剥く。串がスッと入るまで下茹でする。(米の研ぎ汁が良し)
2.(1)の水気を切り、好みの粗さに潰す。
3.オリーブオイルを引いたフライパンで玉ねぎが透明になるまで炒める。
4.(3)に牛豚合挽を入れ、(A)で下味を強めに付ける。
5.(2)に(4)をしっかり混ぜる。
6.(5)を成形し、薄力粉、卵、パン粉の順でくぐらせる。
7.(6)を160℃の油で揚げて完成。

 

最新情報をチェックしよう!