毎週月曜日の朝9時に更新予定だヨ。

【料理初心者必見】最初に揃えるべき「基本の調味料」14選!選び方や気になる疑問を徹底解説

キンクマ
調味料を揃えて料理を始めよう!
料理初心者にとっては、調味料を揃えることさえ一苦労するものです。スーパーに行ってみても調味料の種類が多く、砂糖・醤油・味噌などいろんなメーカーから販売されているので、どれを買っていいか迷ってしまいますよね。
この記事では元料理人である筆者が、料理初心者が最初に揃えるべき調味料14選をご紹介。選ぶ際のポイントについても詳しく解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。
あわせて読む

キンクマ 料理は始めるまでの段階も大変だよネ。   料理初心者さんが、「料理を始めよう!」と思ったとき、まず一体どんな調理器具を揃えたらいいのでしょうか。たとえば包丁を買うにしても、いざホームセンターに行って[…]

料理初心者が最初に揃えるべき基本の調味料14選

砂糖

「上白糖」「グラニュー糖」が料理の定番

砂糖は主に和食やお菓子作りで活躍します。砂糖の種類によって特徴が違いますが、料理初心者の場合は「上白糖」「グラニュー糖」と記載されているものがおすすめです。

長期保存ができるので、定番の1キロサイズを購入しておいて問題ありません。ただし湿気を嫌うので、一度袋を開封したあとは、フタにパッキンがついている保存性の高い容器で保管しましょう。

 

キンクマ
最初は低価格のものを試しに買ってみよう!

 

塩は少量のストックがあればオッケー

料理で塩は欠かせませんが、大抵の場合は醤油・酒・味噌といった調味料に元から含まれる塩だけで十分です。あまり大容量の塩を購入しても、何年経っても使いきれないことがあります。ただし野菜や魚の下処理で塩を使うことがあるので、少量のストックは必ず持っておきましょう。

普段から肉を焼いたり、簡単な炒め物を作ったりするだけの人は、塩胡椒混合タイプに注目です。料理に少し振り掛けるだけで塩味が足され、胡椒の香りもプラスされます。

 

キンクマ
小ビンに入ったテーブルタイプもおすすめだヨ。

 

胡椒

まずはブラックペッパーのパウダータイプを

胡椒は香り付け・臭み消しの効果があり、肉や魚の下処理、仕上げに使います。小ビンに入ったいわゆる卓上タイプのものが、使いやすいサイズ感です。

胡椒の種類は、料理のアクセントとして活躍する「ブラックペッパー」が家庭では一般的。ほかにも控えめな香りとピリッした辛さが特徴の「ホワイトペッパー」にも注目です。

さらに「ホール」「粗挽き」「パウダー」の3タイプが胡椒にはあり、料理初心者にはあらゆる料理に使えるパウダータイプがまずはおすすめ。ただしスパイスが利いた肉料理やカルボナーラに使うブラックペッパーには、粗挽きタイプを使うことが多いです。

 

キンクマ
粗挽きブラックペッパーもあわせて購入しておくと便利だヨ。

醤油

醤油の基本は「濃口醤油」

醤油には多くの種類がありますが、香りやコクが良い「濃口醤油」を選ぶようにしましょう。ほかにも九州では、濃口醤油に甘味料が加えられた「甘口醤油」も料理の定番です。
ただし、お吸い物・炊き込みご飯・煮物など、一部の和食では「薄口醤油」を使用した方が味と見栄えが良くなります。しかしレシピにとくに醤油の指定がない場合は、濃口醤油で間違いありません。
また醤油を購入する際に一目で醤油の種類が分からない場合は、裏の食品ラベルを見ると記載があります。醤油はあらゆる料理に使うので、500ml~1Lほどの量が入ったボトルを買っておくと安心です。

 

キンクマ
いろいろな醤油を試してみよう!
あわせて読む

キンクマ 醤油を正しく使い分けることで料理が今より上手くなるヨ。 「醤油」は私たち日本人にとって馴染みの深い調味料です。お寿司やお刺身を食べるときや、和食料理の味の決め手として、醤油は多くの場面で活躍します。[…]

 

 

みりん

料理に慣れるまでは「みりん風調味料」で節約しよう

みりんには甘味や旨味を加えるほかに、臭み消し・照り出し・煮崩れ防止などの効果があります。さらに「本みりん」「みりん風調味料」の2タイプがあり、料理初心者の場合は、まずは価格も安いみりん風調味料で料理を練習しましょう。

みりん風調味料は甘味が強いの対し、本みりんはアルコール分が高いので、甘味だけでなく照り出し・煮崩れ防止の効果をより期待できます。ちなみに本みりんは酒に分類されるため、未成年は購入できません。

 

キンクマ
料理に慣れたら本みりんも試してみてネ。

 

料理酒

「料理酒」は料理をするうえで外せない調味料

料理酒には、料理に旨味やコクをプラスし、肉や魚の臭み消し・柔らかくするなどの効果があります。多くのレシピで使用するので、料理酒は500ml~1Lの容量のものを1本購入しておくと安心でしょう。

また本みりんもアルコール分が多いため、料理酒の代用になると思われがちです。しかし本みりんは甘味がメインであるのに対し、料理酒には塩分が含まれるため、確実に区別していかないと料理の仕上がりが大きく変わります。

 

キンクマ
料理酒を使えば味にまとまりが生まれるネ。

まずは使いきれる500ml程度の少量サイズを

酢にはさまざまな種類がありますが、まずは「穀物酢」「米酢」があれば、酢の物や酢豚などの大抵の料理が美味しく作れるでしょう。ほかにも、まろやかな酸味と芳醇な味わいが特徴の「黒酢」や、フルーティーな酸味が特徴の「リンゴ酢」も定番です。

酢は開封後に冷蔵庫で保存すれば、1年近く長期保存可能なものがあります。しかし酢は使用頻度が少ない調味料なので、料理初心者のうちは、できるだけ小ビンに入った500ml程度の酢を購入するのがベターです。

 

キンクマ
洋食ではワインビネガーやバルサミコ酢も活躍するヨ。

 

味噌

迷ったならリーズナブルな出汁入りタイプの味噌を買おう

味噌には地域性があり、また各家庭ごとにも使用している味噌の種類は異なります。ざっくりですが関東・東北・北海道では「米味噌」、東海では「豆味噌」、関西では「白味噌」、九州では「麦味噌」が使われることが多いです。

しかし、たとえば味噌煮込みであればコクがある豆味噌を、西京漬けれあれば甘味がある白味噌を使うなど、料理によっては使う味噌の種類を選んだほうがいいものがあります。また日頃は味噌汁でしか味噌を使用しない人は、出汁入りタイプの味噌に注目。すでに出汁の風味が味噌に添加されているので、別に出汁を購入する手間を省けます。

 

キンクマ
米・麦・大豆のうち2種類以上を合わせた「あわせ味噌」も、それぞれの味噌の特徴が上手く噛み合っていておすすめだヨ。

 

食用油

まずはクセが少なく低価格のキャノーラ油がおすすめ

よく耳にする食用油の代表格であるサラダ油とは、菜種(キャノーラ)、ごま、とうもろこしなど、植物を原料とした食用油の総称です。炒め物や揚げ物をする際に油は必須ですので、料理初心者のうちは価格が安いものを選びましょう。

健康が気になる人は、香りのいいエクストラバージンオリーブオイルがおすすめ。ただし和食には少し不向きで、価格も少々高めです。

 

キンクマ
中華料理を作りたいならごま油があると便利だヨ。

ケチャップ・マヨネーズ

あると便利な調味料の代表格

マヨネーズとケチャップがあれば、作れる料理の幅が大きく広がるでしょう。たとえばケチャップがあればナポリタン・オムライス、マヨネーズがあればポテトサラダ・エビマヨが作れます。

ほかにもマヨネーズであれば生野菜にかけたり、唐揚げの横に添えてみたりと、案外使い道はいっぱいです。まずは少量サイズでいいので、ぜひ購入をおすすめします。キューピーやカゴメなど、よく耳にするメーカーの商品を選べば安心ですね。

 

キンクマ
うちの奥さんはマヨラーだヨ。

 

小麦粉

揚げ物やお好み焼きには必須の薄力粉

小麦粉には「薄力粉」「中力粉」「強力粉」とありますが、料理やお菓子作りで使用するのは薄力粉です。中力粉や強力粉は、主にパンや麺を作るときに使用します。

小麦粉は冷暗所での保存がおすすめですが、保存状態が悪いとカビやダニが発生することも。できる限り早めに使い切りたいので、料理初心者のうちは500g以下の少量サイズがおすすめです。

 

キンクマ
料理によっては大量に使うから注意だヨ。

 

片栗粉

揚げ物や中華で大活躍の片栗粉

主に唐揚げの衣や出汁にとろみをつけるときに使います。料理初心者のうちや一人暮らしの場合は、まずは200g程度のサイズの片栗粉を購入しましよう。

片栗粉は開封後は冷蔵庫で保存し、3ヶ月以内で使い切っててください。常温で保存すると、カビやダニが発生することがあります。

 

キンクマ
片栗粉の衣で唐揚げを揚げるとカリカリになるネ。

 

麺つゆ

和食で大活躍の万能調味料

麺つゆは「出汁」「醤油」「砂糖」などの調味料がバランスよく配合されているので、ほかに調味料を加えなくても味が決まります。最近では麺つゆを使ったレシピがネット上を中心に広がっているため、とくに料理初心者の人は必見です。

また麺つゆは2倍濃縮・3倍濃縮とあり、薄めて使用します。どんな料理を作るかにもよりますが、思ったほど消費しない場合もあるので、まずは500ml程度のものを購入しましょう。

 

キンクマ
麺つゆで作るパスタがおすすめだヨ。

 

和風だしの素・鶏ガラスープの素・コンソメの素

味噌汁・スープなど味の決め手に必須

たとえば和食を作りたいときに、レシピに「出汁1カップ」と書かれていたら、水1カップに和風だしの素を適量入れて使います。ほかにも基本的には、中華であれば鶏ガラスープの素、洋食であればコンソメの素を使用しましょう。コンソメにはキューブタイプと固形タイプがありますが、量を調整しやすい顆粒タイプが料理初心者にはおすすめです。

 

キンクマ
全種類あると料理の幅は恐ろしく広がるネ。
あわせて読む

筋クマ 今回は出汁についての講座だヨ。 和食と言えば出汁! 知るだけで料理のレベルがぐ~んと上がるような出汁知識をいっぱい教えるネ! ↓第1回は醤油についてです。 [sitecard subtitle=関連記事 u[…]

おわりに

たとえば醤油にもさまざまな種類があり、選ぶ種類をうっかり間違えてしまうと、料理が思った通りの味にならないなんてことがあります。これから料理を始めようとする人にとっては、なかなか難しい話だったでしょう。

本記事では、料理を始めていきなり躓かないよう要点だけをまとめてみました。調味料について今はまだ曖昧な部分でも、きっと料理を繰り返し練習していくなかで、自ずと理解が深まってくると思います。ぜひいろいろな調味料を試しながら、楽しく料理にチャレンジし続けてみてください。

 

キンクマ
調味料って奥が深いネ。
キンクマの奥さん
私は何も分からんかもしれん。
あわせて読む

キンクマ 料理は始めるまでの段階も大変だよネ。   料理初心者さんが、「料理を始めよう!」と思ったとき、まず一体どんな調理器具を揃えたらいいのでしょうか。たとえば包丁を買うにしても、いざホームセンターに行って[…]

あわせて読む

キンクマ 料理が楽しく上達する基本的な考えや方法を学ぼう! 「いまいち料理が上手くならないなぁ」と、悩んでいる人は少なくありません。毎日料理をしているはずなのに、なかなか思ったような仕上がりにならないのには、実は何か[…]

あわせて読む

キンクマ 料理本を買って勉強しようネ!   「これから料理を始めよう」と思ったら、「料理本」を買って勉強するのが一つの手段です。しかし、いざ本屋さんに行ってみると、最近では初心者向けの料理本が数多くあるから、[…]

お手数ですが、
下のアイコンをポチッと押していただけると
大変励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑↑↑↑ポチッと応援お願いします♪

最新情報をチェックしよう!