奥さんの寝言集更新!「夫婦漫画コーナー」から読みに来てネ。↑↑(4月4日)

【レシピ】麺も出汁も手作り!九州風うどんを作ったよ

筋クマ
今回は奥さんの為に頑張ったヨ。

これは大晦日の日の料理です

昨年の大晦日、僕はうどんを一生懸命打っていました。
実は僕の奥さん、「蕎麦アレルギー」なのです。
ってことで、「年越しうどん」を作ってみることにしました!

しかし、色んな出汁は作った経験はあるものの、
うどんの麺を打つことは初めてだったのです(笑)

悪戦苦闘しながら作ったうどん麺ですので、
どうか優しい目で見守りくださいませ。

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

うどん麺を作るヨ

先ずは、うどん麺の生地から作ります。
塩水の用意!

塩水の濃度と量は、プロが最もこだわるところですよね。
気温や湿度で調整しているというのはよく聞く話です。

僕は分からないのでアバウトです!

 

今回、薄力粉と強力粉を半々で混ぜて使います。
本当は中力粉があれば良かったのですが……。

 

粉をふるいにかけました。
怪しい白い粉の出来上がりです。

 

そこに先ほどの塩水を少しずつ加えて混ぜ混ぜします。

 

一応まとまりました。
(ちょっと水っぽい)

 

いつかやってみたかった念願の「足の裏でふみふみタイム」です。
ふみふみふみふみふみふみふみふみ!!!!!

 

その後、数時間ラップをかけて熟成させ、いよいよ綿棒で延ばします。

 

相当難しいですね(笑)
全然均等にならない!!!!!
綿棒が短いのも良くなかったかも。

不格好星人。

 

折りたたんでみました。
これじゃあ端っこがクソ短くなるヨ。

 

均等に切ったつもりでも厚さがバラバラだから、
一つとして同じ太さの麺が生まれない!

 

果たしてこんなものでいいのだろうか!?

 

出汁を作るヨ(ここからは本業)

麺を作るのは疲れました(笑)
のんびり出汁を引いている方が僕は好きです!!!!!

(いつか出汁について詳しく語りたいですネ)

さぁ、出汁に使う材料は以下の通り!

水・・・・・・・・・2L
昆布・・・・・・・・20g
煮干し・・・・・・・20g(イワイ)
混合削り節・・・・・50g(サバ、イワシ、アジ、カツオなど)
鰹節・・・・・・・・30g

昆布はぬるま湯に浸けた状態で1時間ほど放置。
40~50℃の範囲です。

正直安い昆布って良い出汁が全然出ません。
だからこそ、この放置タイムがとっても大事です。

 

中火にかけます。
昆布がグラグラ動き始めたらすぐに取り出します。
これも安い昆布であれば、沸く寸前よりももっと早めに取り出すのがベストだと思います。

(アク取りしてネ)

 

煮干しと混合削り節を投入。
中火のまま約5分!

 

弱火にし、鰹節の半量を投入。
ひたすらアクを取りながら2分!

 

火を止め、残りの鰹節を投入!
蓋をして5分蒸らします。

 

ザルとペーパーで濾します!

 

キンクマ色の美味しそうな出汁の完成!

 

この出汁に返し(酒、みりん、薄口醤油、濃口醤油、砂糖を別の鍋で一度沸かす)を加えたら、ついに完成!

 

うどんを湯でるヨ

たっぷりのお湯でうどんを茹でていきます。

 

ぐつぐつぐつぐつ!!!!!

 

一度流水でぬめりを落とし、再度綺麗な熱湯で温めます。

 

完成 It’s ready to eat!!

エビ天も揚げました。
写真をよく見れば無様な形をしたうどん麺が沢山見つかります!(笑)

しかし出汁はオイシーですね。
九州でよく食べていたうどんの出汁を思い出します。(資さんうどん大好き!)
2021年を締めくくるのに大変面白い料理となりました。

そして今年2022年は、麺をもっと上手に作れるようになりたいです!!!!!

 

レシピ


<材料>2人分

薄力粉・・・・・・・・・・・200g
強力粉・・・・・・・・・・・200g
塩・・・・・・・・・・・・・20g
水・・・・・・・・・・・・・180g

麺のオイシー作り方は他の人のを参考にしてネ。

つゆ
<材料>2人分

水・・・・・・・・・・・・・2L
昆布・・・・・・・・・・・・20g
煮干し・・・・・・・・・・・20g
混合削り節・・・・・・・・・50g
鰹節・・・・・・・・・・・・30g
(A)酒・・・・・・・・・・・・・100cc
(A)みりん・・・・・・・・・・・100cc
(A)薄口醤油・・・・・・・・・・80cc
(A)濃口醤油・・・・・・・・・・20cc
(A)砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1

1.水2Lを温め50℃にし、1時間昆布を漬ける。
2.(1)に火をかけ、沸騰直前で昆布を取り出す。
3.煮干しと混合削り節を入れ、中火で5分火にかける。アクを取る。
4.弱火にし、鰹節の半量を入れる。アクを取る。
5.火を止め、残りの鰹節を入れ、蓋をして5分蒸らす。
6.(5)を濾す。
7.(A)を別鍋で合わせ、一度沸かす。
8.1.2Lの(5)と(A)を合わせて完成。(出汁が1.2L無ければ水を足す)

最新情報をチェックしよう!