奥さんの寝言集更新!「夫婦漫画コーナー」から読みに来てネ。↑↑(4月4日)

【レシピ】素材の味を最大限に!ふろふき大根を作ったよ

筋クマ
僕の実家にいるわんわんぐらいの大きさの大根だったヨ。

クソデカ大根を手に入れました

奥さんが会社の人から沢山野菜を頂いて帰って来ました。
どうやら畑で採れた野菜らしいのですが、どれも大変ご立派!
キャベツに白菜、長ネギに……。

そして中でも一際大きかったのが、この大根です!

今回はこのクソデカ大根を使って、「ふろふき大根」を作ってみようと思います!

トッテモオモイ!

 

お料理開始 Let’s Cooking!!

流石に丸々一本は使えません!
真ん中の部分だけを今回使用します。

厚さは2.5~3cm!

大根の部位ごとの特徴
上部(葉に近い方)・・・・・・・一番甘く、硬い。(サラダ向け)
真ん中・・・・・・・・・・・・・甘い。硬さが丁度いい。(ふろふき大根などの煮物)
下部(細い方)・・・・・・・・・辛い。繊維が強い。(おろしなどの薬味)

 

皮を剥き、面取りと隠し包丁!
以前も書きましたが、いつも僕は、45°ずらして両面に隠し包丁を入れます。

(ここまで立派な大根だから皮は厚めに剥きました)

 

米のとぎ汁で下茹でします。
米のとぎ汁が無ければ、生米一掴み分を一緒に入れてください。

串が真ん中までスーッと入るようになるまで茹でましょう。

(大根は下茹でが命ですネ)

 

冷水で冷まします。

 

いよいよ大根に味を入れていきます。
ふろふき大根は、こだわりがあるお店では昆布だけを用います。
でも僕は、八方出汁が好きです(笑)

八方出汁
煮物だったり鍋だったり色んな用途(八方に)に用いられる出汁のこと。
出汁+(濃口or薄口)醤油+みりんが基本。(ただし、多くの場合は醤油とみりんは等量)
今回は大根に濃い色を付けたくないので薄口醤油を使用しました。
出汁:薄口醤油:みりん=8:1:1

 

柚子味噌を作っていきます。

 

柚子皮おろしを用意します。

 

白みそ、酒、みりん、砂糖、卵黄!

 

弱火で混ぜ混ぜしましょう。

 

艶が出てきたら、柚子皮と柚子果汁を混ぜて出来上がりです。

 

完成 It’s ready to eat!!

大根が柔らかくて美味しい!
そして柚子味噌が最高に合いますね。

冬は毎年食べたいよ~。

 

レシピ

<材料>2人分

大根・・・・・・・・・・・4切れ(厚さ3センチ)
(A)出汁・・・・・・・・・・・320cc
(A)薄口醤油・・・・・・・・・40cc
(A)みりん・・・・・・・・・・40cc

(B)白みそ・・・・・・・・・・150g
(B)酒・・・・・・・・・・・・大さじ3
(B)みりん・・・・・・・・・・大さじ3
(B)砂糖・・・・・・・・・・・大さじ2
(B)卵黄・・・・・・・・・・・1個分
ゆず皮おろし・・・・・・・適量
ゆず果汁・・・・・・・・・大さじ1

1.大根は厚めに皮を剥き、厚さ3センチに切り揃える。面取りと隠し包丁を入れる。
2.米の研ぎ汁で(1)を串がスーッと入るまで下茹でする。
3.(2)を一度流水に晒して粗熱を取り、水気を切る。
4.(3)を合わせた(A)で落し蓋をして煮込む。
5.(B)を合わせ、照りが出るまで弱火で練る。
6.火を止め、ゆず皮おろしとゆず果汁を混ぜ合わせる。
7.(4)を盛り付け後、(6)を塗って完成。

最新情報をチェックしよう!